全日空株主優待券の買取について

全日空株主優待券の買取について

金券ショップに行ったことがありますか?

金券ショップに行く時の目的は購入だけではありません。

自分が持っていても使わないというもので、他の人には利用価値のあるものを買取してもらうということができます。

チケットやギフトカードなどは良い例ではないでしょうか。

そこで、全日空株主優待券という物も買取の対象になります。

この優待券を所有していると、この優待券を発行している会社の飛行機に株主優待料金で搭乗することができます。

国内線だけになりますが、急に遠方へ行くために飛行機を利用しなければならないときに、他の割引枠は空席が無くても、株主枠で空いているとすると、全日空株主優待券というものはとても役に立つものになりますよね。

基本的に飛行機のチケットを予約するためには、かなり前から予定を組まないと、割引額は大きくならないですよね。

基本的に、株主優待券は50パーセントの割引になるようですので、金券ショップとしても価値のあるものと言えるでしょう。

航空券の割引について

飛行機のチケットを予約する際に、航空会社の料金表にいろいろな割引料金の設定がありますが、株主優待の欄があるのを見たことがあると思います。

私も航空券の予約のためにサイトを見ているときにこれを使える人はどれくらい株を保有するのだろうと考えたことはありましたが、自分には関係のないことなので、なるべく早く予定を決めて割引額の大きい席を予約できるようにするようにしていました。

よく金券ショップと言われているところではいろいろなチケットが販売されていますが、全日空株主優待券という飛行機にお得な料金で搭乗できるためのチケットもあるようです。

これは、その金券ショップに全日空株主優待券を買取依頼された方がいるから販売されているのだと思いますが、株主でなくてもその全日空株主優待券を利用すると割安な料金で飛行機に乗ることができます。

買取依頼をしてくれてありがとうということになりますよね。

割引額の方があきらかに大きいのでお得だと思います。

全日空株主優待券が買取された後

全日空株主優待券が金券ショップなどで買取された後は、もちろん他の人へ販売されることになりますよね。

需要があるからこそ買取してもらえるのですが、全日空株主優待券には利用できる期間が決まっているので、使える期間内に買い手がつかない場合は、金券ショップは損をすることになります。

商売なので損は覚悟の上でしょうし、損をする前に何かの策をできるかぎり行っていると思います。

ですが、この全日空株主優待券を購入した人は、購入価格よりもさらに大きな金額の割引で航空券を予約できるのですから、飛行機をよく利用する人は何枚でも欲しいということかもしれません。

全日空株主優待券の買取の方法

飛行機に乗るたびに多くの人が搭乗口に溢れていることや、空港で満席の表示の多さを見ると、売れ残るという心配はあまりないかもしれませんね。

現在は、少額からでもできるので株式投資をする方も多く、株主も多いようですので、自分では利用せずに買取という選択をする方も多いのかもしれません。